ワキガには、どんな対策、治療があるの?

ワキガには、どんな対策、治療があるの?

服が黄ばむ、脇の臭いがきつく気になる。もしかしてワキガかも。どうしたらいいの?

欧米化している現在の食生活が関係する

読了までの目安時間:約 2分

ワキガの要因となるものはアポクリン汗腺から発する汗が細菌や雑菌、皮脂と混ざる事で強い臭いが発するものです。

ちなみにアポクリン汗腺は生まれた時から数が決まっています。そしてワキガというものは遺伝性が強いとも言われています。

いわゆるワキガ体質というものですが、ワキガ体質だからといって必ずしもワキガを発症するわけではありません。

アポクリン汗腺の分泌が活発化どうかによるものなので、日頃の生活習慣によって分泌量を抑え、ワキガの症状を軽減させていくことは十分に可能です。

現在の日本では年々、ワキガ体質の方は増加傾向にあります。理由は食生活の欧米化が大きな原因といわれています。

ワキガ体質の方は日本人より欧米の方が圧倒的に多いです。大きな違いはまず食生活であります。本来の和食というものは魚やご飯、野菜類が主食となっています。

あとは大豆製品も多いです。それに対して欧米は肉食がメインです。和食でも肉類が全く無いわけではありませんが、使用される油脂類に大きな差が見られます。

日本はゴマなどの植物由来の油脂、魚類から取れる油脂といった不飽和脂肪酸のものが多く、体内で固まりにくいものであります。

対して欧米食で使用されている油脂は動物由来の油脂、バターなどが多く、こちらは飽和脂肪酸という、体内で固まりやすい特性を持ち、動脈硬化などの原因になると言われています。

またファーストフードなどの普及により、油脂類を多く含んだ食事を摂る機会が増え、結局皮脂の分泌量も増えて、アポクリン汗腺の分泌が活発になり、ワキガを引き起こしやすくなるという結果に至ります。

 

ワキガの原因

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る