ワキガには、どんな対策、治療があるの?

ワキガには、どんな対策、治療があるの?

服が黄ばむ、脇の臭いがきつく気になる。もしかしてワキガかも。どうしたらいいの?

遺伝という説がある

読了までの目安時間:約 2分

ワキガと遺伝は全く関係ないとはいえません。むしろ関係するといった方が間違ってはいないでしょう。

ただ誤解してはいけないのは親がワキガ体質で、ワキガを発症し、同じく自分もワキガ体質だから、そのうちワキガを発症だろうというわけではありません。

ワキガとワキガ体質は同じようで、違うのです。ワキガ体質というのは、ワキガを発症しやすい体質ということでありますが、あくまでも体質であって、絶対にワキガを発症するということに繋がるわけではありません。

ワキガ体質というのは、人よりアポクリン汗腺の分泌が多かったり、アポクリン汗腺の数が多いなどでありますが、食生活や普段のケアに気をつければ、その症状を引き起こす確率は下がってきます。

また、ワキガ体質であって、何の対策も行っていないからといってワキガになるとも限りません。ちなみに親がワキガで子供もワキガである方の割合は約3割ほどであります。

必ずワキガ体質を引き継ぐわけではありませんが、引き継ぐ率は高まるのは事実です。反対にワキガ体質の家系で無いからといってワキガにならないとは限りません。

ちなみに欧米ではワキガ体質の方は過半数以上です。当然、自分達の子供でワキガ体質である確率も高いですが、全員がワキガというわけではありません。

ワキガはアポクリン汗腺の分泌が活発化どうかによるものが関係しますので、何らかの方法でアポクリン汗腺の分泌を抑えられたら、体質かどうかはあまり重要な問題ではないのが現状です。

 

ワキガの原因

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る