ワキガには、どんな対策、治療があるの?

ワキガには、どんな対策、治療があるの?

服が黄ばむ、脇の臭いがきつく気になる。もしかしてワキガかも。どうしたらいいの?

ワキガとは、どんな病気?どんな症状なの?


ワキガとは、すごく簡単に言うと「ワキから臭いにおいがする病気」です。しかし、ワキガの臭いは単なる汗臭さとは違います。

ちなみに人間の汗は2種類あるというのをご存知でしょうか?

1つはエクリン汗腺から出る水っぽい汗、もう一つはアポクリン汗腺から出るどろっとした汗です。

アポクリン汗腺からの汗は脂肪分やタンパク質が多く含まれています。ワキガの原因となる臭いを発生させる汗は、このアポクリン汗腺から出ます。とは言え、実はこの汗自体は無臭なのです。

無臭の汗から臭いを作り出すのは、皮膚やワキ毛に住んでいる細菌で、これらをまとめて常在菌と呼ばれています。

この常在菌が脂肪分やタンパク質を分解すると、臭いが発生するのです。

アポクリン汗腺の数は生まれつき決まっています。そのためワキガは生まれつきの体質とも言えるでしょう。

もしも家族や親戚の中にワキガの人がいて、かつご自身にも気になることがあるなら、一度病院で診てもらうと良いでしょう。

遺伝や体質だけじゃなく食生活や生活習慣もワキガに影響

 
ワキガの主な原因は、脇の下にあるアポクリン腺から汗と一緒に分泌される様々な成分が脇の下に付着している雑菌に分解される時に発生する臭いです。ですから汗をかき、そのままにしておくとワキガの臭いが発生してしまうのです。

このアポクリン腺は誰にでもありますが、ワキガの人は生まれつきにアポクリン腺が大きく、数も多いのです。アポクリン腺の数や大きさは個人差があり、遺伝が主な原因の1つと考えられています。

また生活習慣や食生活でもワキガが強くなることもあります。元々ワキガ体質の人でも、食生活がジャンクフードや肉類がメインの人と野菜を沢山食べる人とでは、ワキガの臭いの強さは大きく差が出ます。

さらに脇の下のお手入れをしないこともワキガの原因になります。脇毛を放置していると、脇の下に汗をかいた時に雑菌が繁殖しやすい環境となります。脇毛を剃り、いつも清潔にする事がワキガを改善する1つの方法なのです。

このようにワキガは、遺伝や食生活、肥満による脇の下に汗をかきやすい体質かどうか、そして脇をいつも清潔な環境に保つことができているかどうかが影響しているのです。

試着しようとしたところ、服に強い臭いが・・・

 
以前にブティックに行って試着をしようと思ったら、ブラウスから何やら臭いが・・・

その前に、そのブラウスを試着していた人がいたのを見ていた私は、もしかしたらワキガと思い、ブラウスの試着をしないでその人の側にさりげなく行ってみたら、やっぱりワキガの臭いがありました。

たぶん、店員さんも気がついていると思うのですが、普通に試着を許しているお店なので断れなかったのではないかと思います。

本人は自分の臭いに気がついているのか、いないのかわかりませんが、もし自分がワキガだったら試着は諦めなきゃいけないのかなの思いました。

もしかしたら身内や仲が良い友達は、ある程度ワキガについて気にならなくなってくるのかと思いますが、他人はやっぱり気になります。

特に私もだったのですが、今回のような試着となったらワキガの人の後に、自分が試着すると自分がワキガだと思われるのではと躊躇してしまいます。

洋服を買いに行っても、試着できないなんて同じ金額を出して買うのに、何だか不公平だなと思いました。

ワキガになりやすい人の特徴とは?

 
まず真っ先に挙げられるワキガの原因は遺伝です。家族にワキガ体質の人がいる場合、高い確率でワキガ体質になると言われています。

片方の親がワキガの場合で約50%、両親ともになると約80%の確率で体質を受け継いでいる可能性があります。

また、ワキガ体質の人の耳垢は湿っているので、そこもチェックポイントになります。逆に白っぽいカサカサの耳垢、という人はワキガの可能性はほぼありません。

湿った耳垢の人が必ずしもワキガ体質なわけではありませんが、一つの目安となるでしょう。

さらに、白いTシャツを着ると脇の下に黄色い汗染みがついてしまうという人もワキガ体質の可能性があります。

というのも汗を出す汗腺には2種類あり、エクリン汗腺からは体温調節のためにかく透明の汗が出ますが、ワキガの人に多いとされるアポクリン汗腺からは色素の含まれた分泌物が出るためです。

また、そのアポクリン汗腺は太い毛穴の周囲に多くみられるため、脇毛が濃く汗っかきという人もワキガの可能性が高いと言えます。

特に脇毛の処理をしていない場合には、雑菌の繁殖も重なり、さらなるニオイの原因となります。

今すぐできるセルフチェック方法

 

ワキガのセルフチェックで一番簡単なのは、耳垢を調べてみることです。耳垢はワキガの原因であるアポクリン腺に影響されやすいからです。

耳垢がネチャネチャしている場合、ワキガの可能性が高くなります。簡単に調べられるので、脇の臭いが気になるようなら自分の耳垢をチェックしてみましょう。

洋服の脇部分が黄色く変色しているかどうかも、ワキガチェックには重要なポイントです。アポクリン腺の汗は様々な成分が含まれているため、黄ばんだシミが付きやすくなるのです。

ですから洋服の脇が黄ばんでいるようなら、ワキガを疑ってみましょう。

また脇毛自体に白い粉がついていたら、ほぼ間違いなくワキガです。その白い粉はアポクリン腺の分泌した物が固まって結晶になっている状態であり、脇毛に白い粉がついているようならワキガが疑われます。

さらに脇毛の濃さも、ワキガチェックでは重要です。脇毛が太い人はアポクリン腺が発達していることが多く、ワキガになりやすいと言えます。

女性の場合は剛毛、逆に男性の場合はサラサラとした猫のような脇毛の場合、ワキガの可能性があります。

改善するために見直したい食事と栄養バランス

 
臭いが気になるときには積極的に摂りたい食べ物があります。それが酵素を多く含んだ野菜や果物です。

反対にできれば控えたいのがスナック菓子類やカップ麺など化学調味料が入ったものです。

動物性のたんぱく質や臭いの強いニンニクなども、臭いにとっては大量には取りたくない食材です。ですが健康のバランスを考えると全く食べないわけにもいきませんので料理にうまく取り入れていきたいものです。

夏には冷やした果物を食べるのがいいですね。体温を下げる効果もありますし、暑い夏にはぴったりです。

その中でもパイナップルは酵素が多く含まれているため、積極的に食べたいです。しかし、缶詰のパイナップルは酵素の働きがあまり期待できませんので生のパイナップルが良いです。

また、おろし大根も生の酵素をたっぷり摂るのに適した食材です。

冬におすすめなのはお鍋です。野菜を沢山摂れて体も温まります。栄養バランス的にもとても良いのではないでしょうか。

柿にも臭いを抑える効果があるので、冬は干し柿なども良いでしょう。

臭いの強い人はスプレーやデオドラントは逆効果

 
臭いに対してスプレーや香水などで誤魔化すのは絶対にやめた方が良いです。周囲に対して発している自分の臭いは、思っている以上に酷く、その臭いに香りを被せると臭いが混ざってとんでもない臭いになるからです。

自分の臭いを消す勢いで大量に吹き掛けても、周りの人は臭いに酔って不快感を与えることも。

ワキガでの対処法で簡単にできるのがこまめに拭くこと、そして脇を衛生的にするなどがありますが、一番臭いを抑える方法は脇毛を剃って清潔にすることでしょう。

正直、面倒な作業ですが毎日剃って、こまめに消毒ティッシュで拭けば臭いはかなり軽減できます。

オスバンというドラッグストアで手軽に買える液体があります。この液体を500倍の水で薄めて、臭いの気になる所に塗り15分後に綺麗な布で拭き取ります。500倍に薄めて効力があるのかと疑うかもしれませんが、これがかなり効きます。

オスバンを薄めた水を桶に入れて足を浸ければ足の臭いを軽減するのにも役立ちます。また霧吹きに入れて靴のなかに一吹きするだけで驚く程臭いが減ります。

オスバンは1リットルのオキシドールのような容器に入っていて、店頭に並んでいなくても店員さんに聞けばレジ裏から出してくれる場合もあります。だいたい1,000円~1,500円程とかなり安価に手に入ります。

軽度であれば制汗剤や薬、重度であれば手術する方法も

 
ワキガの改善や治療法は、その度合いによって違います。軽度なら、制汗剤や薬を使用するのがよいでしょう。

制汗剤には脇に塗る液状タイプのものがありますが、汗だけでなく臭いも抑えてくれるので、おすすめです。

服用タイプの薬は、精神を安定させる効果があり、臭いに対する不安感を取りのぞくことで、汗の量を抑えるのに役立ちます。

制汗剤や薬では、抑えきれないほど重度のワキガであるなら、手術する方法もあります。手軽な方法に注射(ボトックス注射)で汗を抑える方法もありますし、脇の下にある臭いの元になる部分を除去する手術もあります。

すでに何度も解説している通り、ワキガ臭の大きな原因にアポクリン線の量や大きさがあります。

手術では、このアポクリン腺をひとつひとつ取り除いていきます。程度によっては、入院をすることなく手術を受けられる場合もあります。

ワキガ臭がきつくどうしても治したいということであれば、医師に相談してみると良いでしょう。

ボトックス注射による治療、リスクと費用

 


脇の臭い対策に効果的な施術で、手軽に受けられるものにボトックス注射があります。

ボトックスとは筋肉の働きを弱める効果のある薬剤で、脇に注入することで脇の臭いの原因となる汗の分泌を抑えます。施術時間は10分程度で手軽に受けることが可能です。

費用の相場は5万円前後で、病院によっては保険が適用される場合もあります。また、ボトックスは米国製ですが、韓国等が製造しているボツリヌストキシンと呼ばれる後発の薬剤も存在し、こちらであればボトックスの半額程度(2~3万円)で受けられることもあります。

効果はボトックスで半年程度、ボツリヌストキシンで2、3か月程度とされており、効果を持続させるには繰り返し注入する必要があります。

ボトックスは安全な施術であり、副作用やリスクはほとんどありません。しかし、妊婦に対する臨床実験がされていないため、現在妊娠の可能性がある方、妊娠している方、妊娠を希望する方は施術を受ける事ができません。

また、汗を抑えることが目的であるため、汗をかいていない時でも臭いが気になるようであれば、効果が感じられないことがあります。

ですから汗が気になる夏やどうしても臭いが気になる方、スポーツをした時に臭いが気になる方に適した施術であると言えます。

直視下手術法による治療、リスクと費用

 
脇の臭いを根本的に治療したい場合は、直視下手術法が効果的です。これは、臭いの原因となるアポクリン汗腺を医師が直接目で確認しながら除去していく施術です。

ボトックスなどの一時的な効果とは異なり、直視下手術法は基本的に一度受ければ繰り返し受ける必要はありません。費用の相場は4万円~20万円程度です。

手術時間は1時間程度ですが、その後数日間ワキの下にガーゼをあてたままの生活となる他、術後1週間後に抜糸があり通院が必要です。

直視下手術法だけでは取り切れる汗腺に限界があるため、現在はこの直視下手術法に加えて、レーザーや超音波を組み合わせた手術法などもあり、直視下手術法だけを受けるよりも汗腺をしっかり除去することが可能です。

レーザーや超音波等を組み合わせた最新の直視下手術法を受ける場合の費用は10万~50万円と病院によって異なります。

また、通常の病院で行っている手術は基本的に直視下手術法のみであり、レーザーや超音波は保険の適応外になることがほとんどです。

最新の施術であれば、費用は割高になりますが、より高い効果が期待できる上、傷跡も最小限で済むため、保険適応外であっても最新の施術を希望する方も多いです。

せっかく手術を受けても汗腺が取り切れなかったり、傷跡が残るようでは手術に満足できない可能性があります。

いくつかの病院で説明・カウンセリングをしっかり受けて自分の納得できる手術法で受けるのが良いでしょう。

 

TOPへ戻る